においつわり ~妊娠初期のつわり~

ライター LadyBird

ごはんが炊ける匂い…柔軟剤の匂い…夫の匂い…
今まで平気だった、好きな匂いすらも悪臭と感じる
「においつわり」についてまとめてみました。

 

1.匂いがダメになる原因とは?

匂いがダメになってしまう原因は特定されていませんが、次のような原因が考えられると言われています。

「ホルモン変化の影響」
妊娠すると、女性ホルモンのバランスが崩れ、エストロゲンが増えることで匂いに敏感になるという説があります。

「食品に含まれるアンモニア臭」
アンモニアというとトイレの匂いを連想するかと思いますが、ほとんどの食べ物には多少のアンモニアが含まれています。低濃度のため、ふだんは気にならない匂いでも、感受性が高まっている妊婦さんにとっては悪臭に感じられると言われています。

 

2.どんな匂いがダメになるの?

よく聞く「においつわり」には、次のような匂いがあります。

たばこやお酒の匂い
キッチンや冷蔵庫の匂い
ご飯が炊ける匂い
お風呂のシャンプーの匂い、整髪料の匂い
トイレ…ペット…化粧品…、
電車の中の匂いや加齢臭…

ダメな匂いは一人一人異なります。
妊娠して身体の変化に戸惑うことも多いかと思います。特に「においつわり」は周りに理解されにくく、軽いつわりだと思われることも。
しかし、様々な匂いがダメになることで、家事が進まなかったり、匂いから吐き気や倦怠感が現れることもあります。無理をせず、過ごすことが大切です。

 

3.においつわりの対策は?

「マスクをする」

出かける時はマスクをすることで色々な匂いを
軽減できるでしょう。
また、家の中でもご飯支度や掃除をする時にはマスクをすることで、ダメな匂いが軽減できるでしょう。

「好きな匂いを持ち歩く」

アロマなどのつわりを感じない好きな匂いを持ち歩いたり、マスクや洋服に付けておくのも良いでしょう。
アロマは妊娠中に良くない種類もありますので、注意しましょう。

「夫や周りの人に理解してもらう」

においつわりの場合、夫や周りの人と近づくと気持ち悪くなってしまったり、ダメな匂いを知らないと、一緒にいて辛くなってしまうこともあります。
初期のつわりは特に気づいてもらえないことも多いかと思います。あまり自分一人で我慢せず、周りの人に理解してもらえるよう話しておくことが大切です。

つわりのピークは8~10週頃と言われ、妊娠初期に症状が強く表れる方が多いです。12~16週頃には落ち着くと言われていますが、個人差があり、出産間近までつわりに悩まされる方もいます。妊娠中は無理をせず、休める時に休み、周りの人に頼るようにしましょう。

 

それでも、つわりが続いてしんどい場合は、ネウボラ相談室に相談してみませんか?

妊娠期から切れ目ない支援

北海道ネウボラでは、妊娠期から切れ目ない支援を行うため、妊娠してから子どもを持つ家族の困りごと全てに応じる相談窓口(対面、LINE相談)を設けているほか、お母さん同士の交流の場も作っています。
子育てで悩んでいるのは、絶対に、あなただけではありません。
あなたのせいでも、ありません。お気軽に北海道ネウボラをお尋ねください!

 

LINEで相談できちゃう♬
ネウボラ相談室モイ・ルーム公式LINE
お友達登録はこちら