北海道の高校受験を経験者目線で振り返ってみた

ライター しばたあや

こんにちは、現役女子大生です!私も数年前に高校受験を経験しました。
今回は高校受験経験者として、大切にして欲しいことをいくつかまとめてみます。
どうぞよろしくお願いします!

 

 

大切なポイントは3つ

 

結論から言うと、高校受験で大切にすべきことは

 

① 子ども主体の勉強を
② 一年生からの積み重ねが大事
③ 子ども・親・担任の意思疎通を

 

以上の三点です。次からは詳しく解説していきます。

 

 子ども主体の勉強を

小学生の頃は「早く宿題終わらせなさい」と言って宿題を終わらせたり…、中学生になれば部活も始まり今まで以上の忙しさを中学生は経験します。

 

親から見ると「本当に勉強してるのかしら、勉強しなさいと言わなきゃ」と思うかもしれませんが、子どもからすると「(勉強しなきゃいけないって)そんな事知ってるよ!」と不機嫌になりがちです。

 

また、いつまでも親から子へ勉強することを指示してしまうと、中学三年の追い込み期に自分一人で勉強ができない体質になってしまうかもしれません。
少しずつ自立させていきましょう。

  

 

 一年生からの積み重ねが大事

北海道の高校受験は「当日のテストの点数+内申点(中学校三年間の成績)」で順位付けされます。
なので中学校三年の部活引退からどんなに頑張って当日のテストの点数を伸ばせたとしても、中学校三年間の成績が足りず、受験を断念してしまうケースもあります。
また、スポーツ推薦などでの受験を考えている方も内申点が一定以上あれば学費を免除する高校も多くあります。

 

子どもに一年から「受験のために勉強頑張りなさい!」と言ってもあまり納得できないと思います。
最初は小さなご褒美を設定するなどするといいと思います。

 

 

成績が余って損はありません。

 

中学校一年から少しずつ積み重ねていきましょう。

 

 子ども・親・担任の意思疎通を

中学校三年生になると学校内でも進路指導が本格化してきます。
そこで大事なのが、子ども・親・担任の三者が同じ方向を見て受験に挑むことです。
見逃しがちなのが〈親と担任〉の二者の連携です。

 

 

親の要望する高校と、担任の子どもの実力から薦めたい高校は、ほとんどの場合違います。
担任はあくまでアドバイスなので最終的に判断するのは親子ですが、親は先生の意見に耳を傾けてみると新たな発見があるかもしれません。
また、最終判断は子どもです、子どもの人生を大きく変える判断を見守ってあげてください。

 

裁量問題がある高校を目指す子は一度『北海道学力コンクール』を受験してみるといいと思います。

 

自分が北海道内でどのくらいの順位なのかが分かったり、志望校の合格可能性や今の実力に合う高校を教えてくれたりします。
以上の、子ども主体の勉強・一年からの積み重ね・意思疎通を大事にして、頑張って下さい。
皆さんの希望する進路に進めますよう祈っています。

 

子どもの進路で頭がいっぱい・・・

そんなママにとびっきりの癒し時間を・・・

ママブロ企画『イケメンに逢いたい』!

は、こちらから!